占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
ハウルの動く城
2004年 12月 01日 *
やっと観てきました。
でも、いつもなら、上映されてからもっと時間がたって
映画館がかなり空き空きになってからでないと
観に行かないんだけど
今回は、以前から楽しみにしていたということと
あちこちでハウルの話題を目にしたり耳にしたりということが増えてきて
そのたびに、耳や目をふさいで見ないふり聞かないふりがをするのが
たいへんになってきたので
さっさと観に行ってしまいました。

で、私の映画の感想はもうすでにハウルを観た人だけ
内容も書いちゃってるので
次のMoreをクリックしてくださいね。



観ているときは、ストーリーが単純で楽しくてとても楽しめました。
でも、ラストが無理矢理にハッピーエンドになったりと
論理的にストーリーを考えはじめると
ん??????
みたいなところが、いくつかあったりはしたんですけど・・・。
原作があるからか
いつもの宮崎監督の哲学みたいなものが
あんまり入ってなかったかなぁとも感じてしまったり。
最初の期待が大きすぎたから
批判もちょっと入っちゃうのかもしれませんけどね。

でも、主人公の女の子のなんでも受け入れてしまう強さと優しさ、
そして、その強くて優しい波動がまわりのみんなに伝播してしまうところなんかは
観ていて、とても気持ちよくて
いいなぁって、感動させられました。

最後に女の子が
「心はとても重たいものなのよ。」
というセリフがあったのですけど
ラストはみんな簡単に自分の欲よりもまわりを思いやるようになって
こんなに心が軽かったらいいなぁって思いました。

でも、私はひねくれた大人みたいで
これ、矛盾してるやん、って考えちゃうんですよね(^^;ゞ

とにかく、ラスト以外は、とても楽しかったです。
[PR]