占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
魚座の時代から水瓶座の時代へ
2005年 04月 03日 *
b0037498_11173684.jpg

占星術の概念の中に春分点というものがあります。
詳しい説明はここでは省略させてもらいたいのですが
占星術上では約2000年から2500年の周期で
その春分点が各星座宮にとどまるとされています。

で、いま現在は魚座の時代から水瓶座の時代へと
移行していく時代となっています。

実はいつ移行するかという正確な年代は
計算が複雑なためかいくつか説があってハッキリしない上に
私がもっとも信頼をしていた人によって計算された数値は
情けないことに引っ越しなどのバタバタで見つかりません。
なので、ここではまだキチンとした年代を言えなくて
ごめんなさいの状態だったりします。(なみだ

……というわけで、気を取り直して本題に戻ります。

魚座の時代とは、イエス・キリストに象徴されるような
愛の時代と言われています。
しかし、その愛も、始まりは崇高な愛から始まっていても
時間とともに少しずつ劣化した愛へと変貌し
魚座の時代の末期である現代では
心とは切り離された性愛すら氾濫している状態です。

一方、水瓶座の時代へと移行していくと
愛に関しては、多少、淡泊な一面も出てくるのかもしれませんが
精神性と科学が融合していく時代になる可能性があると言われています。

一説では、科学の進歩も精神性が低いと
そのうち限界が訪れると言われていますが
人々の意識が高まり、精神性が高まってくることによって
いまとは全く違った概念を発見できるのかもしれません。

それにともなって
劣化してしまった性愛は淘汰されていくのかもしれません。

その時代の移行が、自然な形で緩やかに訪れるのか
それとも、なにか革命的なことがおこって時代が変わっていくのか
私には知るよしもありませんが
新しい水瓶座の時代が、いったいどんな時代になるのか
ときおり想像しながら妄想にふけったりしています。



追記
写真は本文とは全く関係ないのですが
近所で撮影しました。

[PR]

by himika-s | 2005-04-03 11:33 | 占星術 *