占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
AMERICA' ARMY 戦争とゲーム
2005年 06月 09日 *
CSでニュースバードという、24時間ニュースだけを
やっているチャンネルがあるのだけど
先日、たまたまテレビをつけて、そのチャンネルを見ていると
「ゲーム化が進むアメリカの戦闘訓練」といったような内容の特集をやっていた。
はじめは、何気なく見ていただけだったんだけど
しかしそれは、とても驚くべき内容の特集だった。

いま現在、アメリカの戦闘訓練はリアルな3Dのゲームを使って
行われているというものなのだが
その戦闘訓練が、予想以上の結果を出しているという。
ゲームの中身は私もよくは分からないのだけど
アメリカの陸軍を舞台にしたもので
敵を見つけたときに反射的に手に持っている銃で相手の頭を打つというのが
ゲームの概要らしい。
逆に味方を打ってしまったときは、軍法会議にかけられ裁かれるという
とにかくアメリカ陸軍を忠実に再現したものらしいのだが。
目的は、先ほども書いたように、アメリカ兵の戦闘訓練なのだけど
要は人殺しを平然とできるようにするためのものということだ。

ベトナム戦争以前までは、初めて戦場で人を殺したときは、
15%の人はそれでも冷静でいられるらしいのだけど
残りの85%の人たちは、嘔吐をしたり、パニック状態に陥ったりしていた。
そして、次第に人殺しに慣れていくというパターンをとっていた。
しかし、イラク戦争では、このゲームを使った戦闘訓練によって
95%の人が、はじめて人を殺しても、
平然とそして冷静に戦い続けることができるようになったということだった。

このゲームを続けることによって、ほんとうの戦場に出たときでさえ、
人殺しがゲーム感覚と同じという
つまりゲームとリアルの区別がつきにくくなる「無感覚」というものと、
たとえば、光が点滅したときに右を向くという訓練と同じように
敵を見たら、相手の頭を打つという「反射的行為」というものを培わせるらしい。
反射的行為は、人を殺すという作業を行うときに
その行為が脳を通過させないため、考えるという事を完璧に排除できるらしい。

これによって、いま現在のアメリカ兵は最強で無敵になったいうことだった。

しかし、ここで、誰もが疑問に思うことがあるのではないのだろうか。
そうなってしまったら、それはもう人間ではないのではないかと…。

人を殺したとき、嘔吐を催したり、パニックに陥るというのは
それは、相手に与えた苦しみの何分の一でも、
自分も一緒に感じることができるからだ。
その人間的な感情が、何人も人を殺さなければならない戦争によって
麻痺させられ、慣らされてしまうだけでも、それは不幸なことなのに、
なのに、その人間的な感情が、たかがゲームによってでも
そぎ落とされてしまうという事実が、私は恐ろしく感じてしまった。

そして、命というものは確かにとても尊いものなのだけれども
でも、そんな人間的な感情を捨ててまで
生き残らなければならない戦争という事実が
私にはやはり理解できない。

私にとっての生きていく価値観というものは
人間として生まれた今生は、人間的に成長するだけではなく
分かりづらい言葉かもしれないけど
自分の本質である魂そのものを成長させることにあると思っている。

でも、相手の苦しみを感じるという感情をそぎ落としてしまうことは
私にとっては、それは魂の退化と感じてしまうのだけど…。

中国がチベットに攻め入ったとき
チベットの人たちは、自分たちや自分の仲間たちの魂を守るために
戦いを放棄して、ある人たちは中国軍に無惨にも殺され
ある人たちは、チベットという地を捨て、逃げ延びていったのだと思う。

しかし、それをすれば、自分の魂は守れるけれども
人間を捨てた人たちが、最強となって地球を支配していく…。
それって、いったい…。
自分の魂と同時に、私は地球も守りたい…。
守りたいけれども、それには自分自身があまりにも非力すぎるし
その方法論も、難しすぎるし…

……

なんだか混迷状態に陥ってしまいました。
このことは課題として、もっと深く考えることにします。
そして、自分のできることを少しでも考えていかないと…。



追記

この先、ゲームというものはオンラインゲームも含めて、
映画さえも抜いて、人々の娯楽の主流になっていくと私は思っている。
パソコンが映像も音も、今まで以上に質が向上し
ゲームの内容じたいも、ストーリーがもっと豊かに展開するようになってくれば
第三者の立場として映画を鑑賞していた時代から
自分が物語の主役となってストーリーを楽しめるという
可能性を秘めていると感じるからだ。

いま現在は、ゲーム事態が戦闘が中心で
この先どうなっていくか分からないし、このまま戦闘ものが
中心になっていくかもしれないけど
いずれにしろ、ゲームの流れを止めることはまず不可能だろう。

そうなったとき、ゲームによって人間としての尊厳を失わせないためには
ゲームの中で、人を殺したときの物理的、精神的ペナルティーを
きっちり与えるものを作っていかなければいけないと思う。
また、そういった厳しいペナルティをきっちり感じさせるものであれば
電磁波等の影響云々を抜きにすれば
人としての心を失わせるもの=ゲームということには
ならないと思うのだけど…。
[PR]

by himika-s | 2005-06-09 17:27 | 雑記 *