占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
6月のインドの夜を思い出して
2005年 06月 29日 *
まだ梅雨のさなかだというのに久しぶりの雨で
ようやく気温が20度代に戻ってきました。

ここ4日か5日ほど続いた猛暑、昨日なんて37度でしたし!
半年前に引っ越してきて
まだ私の部屋にはエアコンを入れてないので
扇風機でしのいでいたのですが
パソコンが熱暴走しまくるという状態でした。

夜はロフトで寝ているので
さらに暖かさが身にしみて
なかなか寝付けないかな、なんて思っていたのですけど
そこのところは大丈夫のようで、いつもと同じように
横になると5分もかからないうちに
夢の世界へと誘われていきました。

そんな暑さのせいか
何年か前に体験した6月のインドの夜を思い出したりもしていました。

その日のインドは気温が45度から
ひょっとすると50度まであったのではないかというような猛暑でした。
正確な場所は覚えていないのですけど
そこは、あまり日本人が行くような所ではないのか
その地域では一番立派なホテルを選んで宿泊はしたものの
その部屋には、窓枠はあっても
ガラスが一枚も入ってないために、風通しがたいへん良いうえに
当然ベットも、ちょっと手を置いただけで
ギシギシと音を奏でるようなところでした。

しかし、いくら窓が全開で風通しが良くても
その晩は、ほんとに暑くて寝付けなくて
しかたがないので、バスタオルを水が滴るくらいにベタベタにして
それを体にそのままかけて眠ることにしました。

日本での常識では、そんなことをすると
風邪を引いたりなど、体を壊すに違いないと感じるのですが
それでようやく、体がちょうどいい状態になって眠りにつけるのです。

でも、しばらくすると、またすぐに目が覚めます。
そのときには、始めはまるで絞ってなかったはずのバスタオルが
もうすっかりカラカラに乾いているのです。
時計を見ると、眠りについたときから、まだ3時間しかたっていなくて
日も出ていない夜中の3時間で洗濯物は乾いちゃうんだって
感心してしまったものでした。

そして、もう一度シャワールームへ行って、バスタオルをベタベタにして
それを体に掛けて眠りにつくということを繰り返していました。

それに比べれば37度の気温なんて
ほんとに過ごしやすいはずなんですけど
やはりパソコンなどの文明の利器を使っていると
そうも言ってられないのが実情です。

なんとなく、何日分の着替えだけを持って
あちこち気が向くままに旅をしていたあの頃が
身軽で懐かしいな、なんて思ってしまったのは
やはり、暑さのせいなのでしょうか。

b0037498_1445181.jpg

少し時間ができたので
メインサイトの方をちょこちょこいじくってます。
[PR]

by himika-s | 2005-06-29 14:11 | 旅の記憶 *