占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
占星学のお天気予報
2005年 07月 04日 *
占星学の中には、「春分図」や「新月図」、
および「日食図」などのチャートを作成して
地球的な現象をみる「マンデン占星学」というものがあります。

詳しい説明は、たいへんなのでここでは行いませんが
その中で、その一年のだいたいの気候をみるのに
「春分図」を使う方法があります。

「春分図」のチャートの中でアセンダントといわれる位置に
どの星座が来るかで、だいたいの一年のお天気を予測するのですが
今年の「春分図」のアセンダントは蠍座の星座宮が来ていました。

ついでに6月21日から約三ヶ月の現象をみる
「夏至図」のアセンダントにも蠍座が来ていました。

蠍座は「水」の星座宮のひとつのため、
今年の夏は雨が多くなりそうな予感です。

9月23日から三ヶ月の現象をみる「秋分図」のアセンダントは
天秤座ですが、12月21日から三ヶ月の現象をみる
「冬至図」のアセンダントは、またもや蠍座。

今年の夏は雨が多く振って
冬には雪がたくさん降るという予測がなりたつようです。

「秋分図」の天秤座は風の星座宮のひとつなので
秋は台風が多く上陸するのかなぁ。
風でもそよ風だったらいいんだけど。

とりあえず夏の雨は
ある意味、涼しくていいのかもしれませんが
あまり降りすぎませんように…。

追記:
ここで取り上げた春分図を始めとする、四季図は
東京を起点としてみているので
このお天気予報は東京から半径約500キロくらいを
めどにしています。

b0037498_10533188.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-07-04 10:56 | 占星術 *