占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
不死鳥
2005年 10月 02日 *
b0037498_20212164.jpg

赤という色から
もうひとつイメージされるもの、
それは火の鳥だったりします。

ずっと以前のことですが
深い瞑想状態に入ったときに
いちどだけ火の鳥のヴィジョンを
みたことがありました。

その鳥は、ダークブルーの
広大な宇宙空間のなかを
星と星の間をかいくぐりながら
飛んでいました。

その姿は
くちばしを前に突き出し
羽をはばたかせるのではなくて
まるでロケットの翼のように
閉じたまま後ろに向けて
スーッと音もなく
すべるように飛んでいたのです。

そして、なにより驚いたのが
火の鳥の赤い色は
炎ではなく
透明な輝く
緋色の光だったということです。

緋色の光を自らが発しながら
どこまでもどこまでも
飛んでいく姿を
私はただただみているだけでした。

若かった私は
その鳥がなにを思って
なんのためにそこにいて
そして、なんのために
私の前に姿をあらわしたのかなんて
考えることもなく
ただただ、その美しさに
魅入っているだけだったのです。

もういちど
もしも逢うことができたなら
こんどは、そんなことも考えながら
火の鳥の意識に
私の意識をあわせてみたいなと
そんなずうずうしいことを
ひそかに願っています。
[PR]

by himika-s | 2005-10-02 00:02 | 夢記 *