占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
毛皮……
2005年 10月 30日 *
毛皮をファッションとして着用することには
以前から抵抗がありました。
日本の気候ではまったく必要としているものではないのに
いったい何のために、
無意味に動物が殺されなければならないのか…。
まして、殺した動物の皮を着て、いったい何が楽しいのだろうか、
そんな風に、ずっと疑問に思っていました。

しかし、事態は私が思っていた以上に深刻だったようです。
chihuahuadayoさんの無知の代償という
記事を読んでビックリしました。

毛皮の被害はキツネやウサギ、ミンクだけではありません。
入手しやすい犬・猫の毛皮を剥ぎ、他の動物と偽って販売しているそうです。

中国、フィリピンなどでは、生きたままの犬の鼻にワイヤーを通して固定され、
まだ意識があるまま毛皮をはがされる・・・
このような行為が日常的に道端で行われているそうです。

この文章はchihuahuadayoさんの記事の引用です。
キツネやウサギはよくて、犬や猫がいけないと
言っているわけでは決してありません。
犬や猫なら、私たちの身近な動物ですから
彼らの苦しみが、より伝わってくるのではないかと思うのです。

chihuahuadayoさんの記事には、
これ以上の胸を痛める内容はないので
ぜひ、たくさんの人に読んで頂きたいと思います。

毛皮はいらない連絡網
こちらはクリックしてすぐにはショックな画像はありませんが
毛皮の現状がハッキリ分かる内容でした。
これから毛皮商品を購入する予定のある人は
ぜひクリックしてみて欲しいです。
また、毛皮はいらないに対する署名もあります。


弱肉強食が基本のこの地球上では
私たち人間が生き延びていくためには
ほんとに多くの生き物を犠牲にしていかなければ
私たちは生きていけません。

でも、それは最低限にとどめて欲しいのです。

私たちが生きていくために犠牲になっていく生き物たちは
こんな言い方はしたくないのですが
仕方がない部分もあると思います。

でも、ファッションや自分たちの楽しみのために
多くの生き物を犠牲にするのは
絶対にやめていきたいと思いました。

でも、実はこんな風に偉そうに能書きをたれている私も
いま使っている化粧水には動物性のコラーゲンやエラスチンや
その他諸々のものが、少しですが入っているものを使っています。
それも、今使っているものがなくなったら
やめようと思います。
また以前のように、植物性のものを自分で手作りしようかな。

以前に聞いた話では、牛やブタの皮をはいで
ベルトなどを作るよりは、コラーゲンなどに使った方が
はるかに高値で売れるので
食用としてではなく、そのために家畜として飼われている
動物たちもいるようです。

そんな動物たちの犠牲の上で
どんなに若返っても、うれしくないですものね。


今回は、久しぶりのブログなのに
ショックな画像を見た後に書いているので
感情的になっているかもしれません。
もしも、読んで不快になるような文章があったら
申し訳ありません。

ただ微力ながら、この実態を知った上で
毛皮の商品をこれからも購入するかどうか
判断して欲しいなと思い、
この内容を私も取り上げてみました。
[PR]