占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:映・音・本・展( 7 )
*

*
2005年 09月 16日 *
b0037498_1102279.jpg

スティーブン・スピルバーグ監督の「TAKEN」を観ました。

これはテレビドラマとして作られたものらしく
約1時間半のドラマが
10回にわたって繰り広げられる超大作です。

内容も3つの家族の3世代以上にまたがる壮大な物語で
はらはらドキドキだけでなく
セリフの中にさりげなく盛り込まれている
スピルバーグ監督の人生観というか哲学のようなものが
物語の繊細さを感じさせてくれました。

前半は、スピルバーグ監督らしからぬ毒々しさも感じたのですが
後半から、やはり監督の優しさを感じさせてくれるもので
ラストは切なかったです。

後半は主役として活躍したアリー役の
ダコタ・ファニングがとてもかわいらしくて
「宇宙戦争」にもこの子が出ていたと後で知ったのですが
それを聞いたら「宇宙戦争」を観に行かなかったことに
ちょっと後悔が出てきてしまったり…。

とにかく、かなりはまってしまいました。

後はネタバレになっちゃうので
この物語を観た人か、あるいは
これからも観ることはないけど
興味はあるという人だけ読んでください。

クリック
[PR]

2005年 08月 21日 *
b0037498_13174425.jpg

上野の東京美術館で行われている
古代エジプト展に行ってきました。

行ってみると思った以上に人が多くて
私のように密かに古代エジプトにあこがれ、思いを寄せている人って
けっこう多いのかなと感心させられたりもしました。

ただ、人が多いだけに、列を作って
展示品を鑑賞しなければいけなかったので
自分のペースで見ることができなかったのは残念でしたけども
こればっかりは仕方がありません。

また、いくら考古学の研究のためという名目があっても
人のお墓から勝手に持ってきたものを、
こんな風に見せ物的にやられたら
もしも、私自身がそのお墓の主だったら
気分が悪いだろうなという思いがありながらも
やはり、古代のエジプトの人たちの生活に
こうして触れる機会を持てたことはうれしかったりもしました。
(お墓の主さま、ほんとうにごめんなさい)

たくさんの展示品を見ていると
古代エジプトの人たちの生活の中には
とても自然な形で神々が存在していることが伝わってきて
それだけに庶民と言われている人たちの中にさえも
優しい波動を感じることができて気持ちがよかったです。

その中でも、もっとも強烈なエネルギーを感じたのは
「ジェドホルの石棺の蓋」でした。

それは、紀元前4世紀頃の末期王朝時代のものということで
一方の面には、天空の女神ヌトの姿が描かれ
もう一方の面にはエジプト文字がびっちり彫り込まれていました。

末期王朝時代でも、これだけの力強いエネルギーを
6000年たった今でも発し続けている、この棺の蓋を目の当たりにしてみると
古代エジプトの人たちの死後の世界に対する思いというものは
相当なものだったんだなと感じました。

それは、その展示会の他のところでの解説にあった
「古代エジプト人たちの生に対するすさまじいほどの執着から云々…」
というようなものでは決してなく
やはり古代エジプトの人たちは、死後の世界の何かを
ハッキリと感じ、ハッキリと見ることができていたのだろうと
そんな風に思いました。

実際のエジプトには一度も行ったことがない私にとっては
この古代エジプト展はとても充実したものに感じましたが
それだけに逆に、実際のピラミッドを自分の五感で感じたいと
そんな思いがこみ上げてきてしまって、ちょっと困ってしまっています。
(だって、ネコがいるから出かけられないのですよ)

b0037498_1230088.jpg

[PR]

2005年 08月 17日 *
b0037498_11564766.jpg

"es"[エス]被験者求む

この映画は、1972年にスタンフォード大学心理学部で
実際に試みた実験が映画化されたものです。
耳を疑うような信じられない結末に、
この映画を観たのはもう数年前にもかかわらず、
今でも時々この映像が頭をよぎることがあります。
とても重い話になるので、
そういうのが苦手な人は、この記事を読むのはスルーしてください。

私は、心理学にも興味を持っているので、その手の本を時々読んでみたり
興味の持てそうな先生の講演があれば、足を運んだりすることがあります。
この映画も、そういうきっかけで知ることとなりました。

この映画での実験は、被験者を新聞広告で24名募って
その人たちを「看守役」と「囚人役」に分けて、
そういう状況が、それぞれの人にどのような心理的影響を与えるかを
実験したものでした。

しかし、結果は、権力を持った看守役の人たちが
実際には何の罪を犯していないにもかかわらず、囚人役という
役柄だけで卑屈になっていった彼らを暴行し、集団殺人にまで
いたらせてしまったという、おそらく初めに誰も予想していなかったような
惨事が繰り広げられてしまったのでした。

当然、この実験は、この一回限りで打ちきりとしたために
この看守役の人たちが、潜在的に犯罪者の素養を持っていたとも
考えることができるでしょう。
しかし、看守役になった誰もが、その状況を止めなかったということを
考えると、集団心理の恐ろしさをまざまざと感じてしまいます。

また、この実験がもたらした結果は
私たちに、「人格」というものは「状況」や「環境」によって
いくらでも左右されるというものだということを警告してくれました。

確かに、身近なところでも、平社員のときは、とても謙虚だった人が
昇進を続けて権力を持っていくに従って
端から見た人格がまったく変貌していったという例を
何人か見てきたことも否定できません。

また、平和な今の時代では、人殺しが最悪の罪だということを
どんなに強く自覚していても、戦争という社会状況下におかれてしまうと
その価値観がまったく変貌していくことも
残念ながら否定することができないのは歴史が物語っています。

しかし、すべての人が、権力を持ったらおかしくなるわけではないし、
戦争という価値観が激変していく時代においても
戦争反対を唱えることができてきた人たちもいるのも事実です。

どんな状況の中でも、自分を見失わない方法は
やはり謙虚さなのかなと、私自身はそう感じます。

どんなに大きな権力を持ったとしても、
それは人を支配するために与えられた力ではないということ
また、自分のエゴを通すために、その力を使うのではないということを
常に忘れなければ、自分自身が権力に支配されてしまうなんていうことは
防ぐことができるのではないか、と思うわけです。

それと同時に、いつでも相手の痛みを感じることができる優しさ。

これは言うのは簡単だけど、状況や環境にこんなに簡単に流されてしまう
現実をみると、本当の強さとは、本当の優しさを持った人なのではないかと
この映画を思い出すたびに、つくづくと感じてしまうのでした。

この映画は、現実に起こったことだけに、ほんとに重く、
後味も相当に悪いものです。
しかし、人間の持つ残虐さや弱さというのは油断すれば、
誰にでも潜んでいる可能性を持っているものだと感じるので
これからの私たちがどうしたらこのような大きな過ちを犯さずにすむかを
考えるための大切な警告を与えてくれた映画だとも感じます。


追記
この実験で犠牲となってしまった方々のご冥福を心からお祈りします。
また、加害者の立場に立たれてしまった方々も
一日でも早く自分の犯した罪を認め
本当の意味での心の平安が訪れる日が来ることをお祈りします。
[PR]

2005年 05月 16日 *
b0037498_0101495.jpg

つい三日前に上映が始まった
「キングダム・オブ・ヘブン」を観てきました。
なので、今日はそのご報告です。

十字軍遠征中のエルサレムを舞台としたこの映画は
映像も音楽も美しく、とくに音楽は私好みだったので
観ていて飽きることはありませんでした。

主役を演じたオーランドも、「ロード・オブ・ザ・リング」のときの
ただきれいな男の人という雰囲気は全くなく
善と罪の間の矛盾と葛藤を演じる姿がとても魅力的で
圧倒的な存在感を感じました。

ただ戦闘シーンがあまりにも生々しく
そういうのが好きな人には、かなり満足がいくできだとは思うのですが
そうでない人には、目を覆いたくなるようなシーンが多々あります。

ストーリー的には、ちょっとモニャモニャ感が残るような場面があったのですが
そもそもが歴史に基づいたお話なので
あまりにも完璧なヒーローが登場してしまっては
歴史自体が変わってしまうので、あれはあれで仕方がないかなぁ
みたいな感想が残っちゃいました。

というわけで、続きはネタバレになっちゃうので
映画を観た人だけ「More」をクリックしてくださいね。

More
[PR]

2005年 02月 24日 *
b0037498_2215569.jpg

ジブリ作品のひとつである「キリクと魔女」、
先週の日曜にレンタルビデオでやっと観ました。

感想はというと、ドラマチックなものを期待していると
ちょっと肩すかしを食らいそうなくらい
淡々とストーリーが流れていくのですが
でも、主人公のキリクをはじめとした
すべての登場人物のひとつひとつの言葉に
いちいち考えさせられるものを感じた深いお話です。

結論を先に言ってしまうと
大人も子供もぜひ一度は観たらいいなと
お勧めできる内容でした。

で、詳しい感想はネタばれになってしまうので
あとは興味のある人と、このお話を観た人だけ
この下をクリックしてみてくださいね。

「キリクと魔女」の感想
[PR]

2004年 12月 01日 *
やっと観てきました。
でも、いつもなら、上映されてからもっと時間がたって
映画館がかなり空き空きになってからでないと
観に行かないんだけど
今回は、以前から楽しみにしていたということと
あちこちでハウルの話題を目にしたり耳にしたりということが増えてきて
そのたびに、耳や目をふさいで見ないふり聞かないふりがをするのが
たいへんになってきたので
さっさと観に行ってしまいました。

で、私の映画の感想はもうすでにハウルを観た人だけ
内容も書いちゃってるので
次のMoreをクリックしてくださいね。

More
[PR]

2004年 11月 09日 *
b0037498_170385.jpg

もうとても有名なお話しなので、今更という感じもあるのですが、
「葉っぱのフレディ」という絵本をご存じでしょうか。
落ち葉の季節になると、私は、この「葉っぱのフレディ」というお話しを
ときおり思い出しています。

春に生まれた葉っぱのフレディが、自分という存在に気づき、成長し、「葉っぱに生まれてよかったな」と思い、「葉っぱの仕事」を終えて冬に土へとかえっていくまでの物語。

死を怖がるフレディに親友のダニエルが答える。「変化するって自然な事なんだ…死ぬというのも 変わることの1つなのだよ」。フレディの番が来て、地面に降りたとき、初めて自分の命を作った木の全体の姿を見て、そこに永遠の命を感じる。そして、フレディ自身は知らなくても、やがて土にかえり木を育てる力になる――。

(中略) (加久田秀子評)

著者はアメリカの著名な哲学者であるレオ・バスカーリアという人。
著者はこう記します。

この絵本を死別の悲しみに直面した子どもたちと、
死について的確な説明ができない大人たち、
死と無縁のように青春を謳歌している若者たち、
そして編集者バーバラ・スラックへ贈ります。

はじめに本屋さんで立ち読みしたときは
最後のところで思わず涙が流れてしまいました。
ちょっと恥ずかしかったけど、さすがに哲学者が書いた絵本だけあって
心の深いところで感動させてくれた忘れられないお話しです。

地面に落ちた、たくさんのフレディたちは、
未来に向かって、新しい命をつなげていくんですね。

b0037498_2043794.jpg

[PR]