占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:タロット( 2 )
*

*
2005年 06月 30日 *
タロット占いや水晶占いと言われるものは
占いの性質上、占う相手の潜在意識の世界にアプローチして
そこから直感を引き出し、何かを判断するという形を取ります。

しかし、相手の潜在意識にアプローチするということは
自分自身の意識の中に相手の意識を引き入れてしまう
ということにもつながります。

そのため私自身はあまり、それらの占いを積極的に行うことはせず
やったとしても自分自身のこととか
ごくごく身近にいる家族のこととか
あるいは、ほんとにごくまれに
とてもお世話になった人に頼まれたとき以外には
行うことはありません。

しかし、そうはいっても、カードの絵を一枚一枚見ながら
そこに描かれている意味合いを確かめていくことは
とても興味深くて、たった一枚の絵の中に
よくこれだけの意味合いをこめられるなと感心させられています。

また、タロットの占い方事態が
いっけん偶然に引かれたカードを
その占いのやり方に準じて並べていくだけなのに
その的中率たるやすごいものがあって
それらの理屈は、私の頭で考える論理を
はるかに超えてしまうものがあることも
タロットに惹かれる、もう一つの理由かもしれません。

それらの理由から、私のタロットとの触れ合い方は
そのときどきの自分自身への示唆を
カードを一枚だけ引いて確認してみるということだけは
よく行っています。

b0037498_165187.jpg
そうして先日出てきたのが、この「吊された男」。

この姿は、ヨガでいう「ビバリタカラニー」
という姿勢を彷彿とさせます。
ビバリタカラニーは決してこのように
逆さまに吊されるわけではないのですが
頭と肩だけを地面につけて
腰に手を当て体を支えるというポーズを
数分から数時間とり続けるわけです。

その一番の目的は、クンダリニーといわれるエネルギーを
速やかに頭頂に集めることにあります。
(速やかにという言葉がつく以上、多少の危険もあるのですが
それは注意点をしっかり守れば克服できる程度のものです。)

頭頂にエネルギーを集めることによって
7番目のチャクラであるサハスラーラチャクラを開かせるのです。
それによって宇宙の法則、宇宙の真理と
自分自身を合一させていくのです。
(とても抽象的な言い方しかできなくてごめんなさい)

そして、このカードの意味合いにも
「宇宙との調和を果たすために試される試練」というようなものがあります。

いまの私に必要なものは自分という法則を捨てて
宇宙の法則に従うこと、ということになるのでしょうか。
崇高な精神を得たいなら
いまのエゴイスティックな自分は捨てなければいけない。。

このカードは、そう私に語っているような気がします。
[PR]

2005年 06月 13日 *
ほんとうの自由ってなんだろって
ときどき考えてみたりします。

若いときは、お金と時間があって
好きなときになんでも欲しいものを買えて
好きなときに好きなところに行けること、
なんて思ってたこともあったけど
大人になるにしたがって
それは自由でもなんでもないんだなって
思うようになってきました。

どんなにお金があっても
心が物質やお金にしばられていては
それは不自由そのものにしか過ぎない気がします。
美にとらわれすぎるのも同じことのように感じます。
自分が美しくいたいことにとらわれすぎていては
年を重ねることに恐怖さえ感じる人もいるでしょうから。
というか、かつての私がそうだったし。

流行を追ったり、
ブランド物を買っても
欲しい物を手に入れたときは楽しいかもしれないけど
それに心が捕らわれすぎると
流行に少しでも乗り遅れている自分を発見したとき
逆に辛くなっちゃうこともあると思います。

また、他の人に対する妬みや嫉妬も
物質的な物に対するとらわれが強いと
出てきてしまうのではないかと思います。

b0037498_1157526.jpg
これはウエイト版タロットの悪魔のカードです。
悪魔なんていうと、すごく忌み嫌う人も多いと思うのですが
実はこの悪魔が象徴しているものは人間の欲望です。
人間が物欲に支配されている姿をこのカードは表しています。

自由になりたければ
首につながれた鎖を取ることです。

鎖を取ることは、それほど難しいことではないと
このカードは言っています。
だって、首につながれた鎖はゆるゆるなんですから。

心をいろんな呪縛から解き放ち
自由にしていくことが
ほんとうの自由なんじゃないかって思います。

b0037498_11273767.jpg

P.S
アメリカの戦争や中国の侵略などのことを考えていたら
こんな文章になっちゃいました。
自由に対するとらえ方は人それぞれ違うと思いますが
せめて、悪魔に心が支配された結果から来る
争いだけは、避けたいなと思います。
[PR]