占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
*

*
2005年 02月 28日 *
気負わず
ありのままの自分でいよう

なんの飾りもいらない
わたしがわたしでいられればいい

青空のなかを
まっすぐに伸びてゆく
ひこうき雲をみていたら
そんな気持ちになった

b0037498_1141443.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-02-28 11:40 | 想-Photo- *
2005年 02月 27日 *
忙しさからやっと解放されて
ホッとひと息つきながら
久しぶりに外の空気をいっぱいに吸った

朝はまだ庭に氷が張っていたけど
午後の空は
もう春の訪れを感じさせていた

春の陽気って
どうしてこんなにも
人を幸せな気分にさせるんだろう

b0037498_1140249.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-02-27 11:39 | 想-Photo- *
2005年 02月 24日 *
b0037498_2215569.jpg

ジブリ作品のひとつである「キリクと魔女」、
先週の日曜にレンタルビデオでやっと観ました。

感想はというと、ドラマチックなものを期待していると
ちょっと肩すかしを食らいそうなくらい
淡々とストーリーが流れていくのですが
でも、主人公のキリクをはじめとした
すべての登場人物のひとつひとつの言葉に
いちいち考えさせられるものを感じた深いお話です。

結論を先に言ってしまうと
大人も子供もぜひ一度は観たらいいなと
お勧めできる内容でした。

で、詳しい感想はネタばれになってしまうので
あとは興味のある人と、このお話を観た人だけ
この下をクリックしてみてくださいね。

「キリクと魔女」の感想
[PR]

2005年 02月 20日 *
やさしくかたりかけて
もっと
もっとやさしく…

こころが
こわれてしまわないように

いまだけでいいの

そっと
かたりかけて

b0037498_11382176.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-02-20 11:39 | 想-Photo- *
2005年 02月 19日 *
意地を張るのは
やめようよ

すべてを
リセットしてしまいたいくらい
悲しい思いをしても
前に進もう

リセットして
ゼロにするのではなく
いままでの自分を
もっと
積み上げようよ

b0037498_11373192.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-02-19 11:37 | 想-Photo- *
2005年 02月 12日 *
先日、ちょうど新月のときに、
venusさんが書かれている蓮の花と題するブログの中から
「新月のソウルメイキング」という本について
書かれた記事を読むことができました。
簡単に言えば、新月のときに願い事をすれば
その願いは叶うのだそうです。
この記事を読んだときは、
まさに新月のただ中の時間だったので
これはなにかの示唆に違いないと受け止めて
しっかりこの記事にあるように、
手書きの願い事リストを作成しました。

そして、それから3日たったいま
確かに新月のときに私が願ったことは
少しずつ、しかし確実に、実現化してきています。

そういえば、太陽に関しても似たようなことがあります。

一年に一度の自分の誕生日のとき
正確に言えば、自分が生まれたときの太陽の位置と
いま現在、動いている太陽の位置が同じになったときに
それから一年の計画を立てれば
そのとき立てた計画は
成功の確率が非常に高くなると言われています。

これは、キチンと調べないと、
必ずしも暦の上での誕生日のときに
太陽が一致するとは限らないのですが
それでも、だいたい暦での自分の誕生日から
前後2~3日をみておけば
ずれはないと考えていいようです。

月の場合は願い事という言葉がピッタリくるし
太陽の場合は一年の計画を立てる、
という言葉がふさわしく感じるのですが
意味合い的には同じことですよね。

ここから先は、あくまでも私が感じるものなのですが
新月のときというのは
人間の深い意識にアプローチしやすくなっているから
そのとき願ったことは、実現させやすくなって
現在の太陽が、自分の生まれたときの太陽と
一致するときというのは、
意志の働きが強くなっているから
そのとき考えたことというのは
実現させやすいのかなって印象を受けました。

今回の新月の願い事のおかげで
私たちは気づかないうちに
星からのエネルギーを強く受けているんだなって
また、改めて実感することができました。

そういえば子供の頃、お寺の住職さんに、
お釈迦様は新月の夜になると
お弟子さんたちを集めて、慚愧の会というものを
開いていた、という話を聞いたことがあります。

慚愧の会というのは、
お釈迦様が作った厳しい戒律に基づいて
自分たちがそれを破らなかったか振り返って反省して、
守れなかったものは
二度と同じ過ちを犯さないよう誓う場のようです。

こんな話をふと思い出してみると
もしかしたらお釈迦様も新月のパワーを感じられていたから
慚愧の会をわざわざ新月の夜に選ばれていたのかなって…。

そんな風に考えていくと
自分を変えていく手段としても
この方法って応用できそうですね。

さて、来月の新月がいつなのか
ちゃんとチェックしておこ♪
[PR]

by himika-s | 2005-02-12 13:23 | 占星術 *
2005年 02月 08日 *
今日は久しぶりに、なにもする必要がない時間がとれたし
ダンナは仕事でお出かけしてるしで
すごくゆっくりできると思ったのだけど
一日が終わってみると
なんだか、焦る必要なんてなにもないはずなのに
気持ちに余裕がない自分に気がついてしまった。

いままでは、なにかと時間に追われているから
最近、気持ちのゆとりがないのかな、なんて思っていたのだけど
実際にはそうではなくて、自分の問題だったんだね。

忙しかろうが、ヒマだろうが
自分の気持ちひとつで、余裕の持てる人生が送れるかどうかが
決まるんだなって、
今さらながら実感できた日だった。

原因はいろいろあるだろうし
対処法もいろいろあるだろうけど
まずは、以前は忙しくても毎日続けていた近所の散歩を
また再開してみようかな。
一日のうちにたとえ30分でも
なにも考えなくていい時間を作ることで
気持ちのゆとりが、また取り戻せるような気がするしね。
[PR]

by himika-s | 2005-02-08 20:05 | 日々 *
2005年 02月 02日 *
去年、引っ越してきてからというもの
とくに、お風呂が気に入っている。
その理由が、お風呂に窓がついているから。

前に住んでいたところは普通のマンションだったから
お風呂には窓がなかった。
それが、時々、圧迫感を感じさせていたんだけど
今度のところは一軒家なので、小さいけどしっかりと窓がついている。
換気扇をつけないで、窓をすこ~し開けて入るのが、
大のお気に入り。

窓の外は、すぐに川で、鴨も住んでいたりするので
窓を開けてお風呂にはいると
川の流れる音と、鳥の鳴く声がときおり聞こえてきたりする。
お風呂には、いつもアロマの精油を垂らしているので
ゆっくりと湯船につかれば
静かでまったりとした、すごく落ち着いた時間が流れる。

お風呂の窓って、こんなにも贅沢感を感じさせるものなんだなって
しみじみと実感しています♪

b0037498_17244868.jpg

こんな感じの窓なので、少しくらい開けていても
外から見える心配はぜんぜんないんですよ♪
[PR]

by himika-s | 2005-02-02 17:41 | 日々 *