占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*

*
2005年 04月 18日 *
ここのところ、中国内での日本政府に対する抗議デモが
執り行われている様子を
連日、テレビで見かけるようになった。

これを見た、私の最初の印象は
ようやく日本のマスコミも
中国の実態を報道するようになったのかというものだった。

チベットが中国に武力で侵略したのが1959年前後。
その後、ダライ・ラマ法王をはじめとした
多くのチベットの人たちが祖国を追われ
インドやネパールに亡命しているという現実は
いまなお続いている。

そんな現実が、すぐ隣の国で行われているにもかかわらず
ほとんどの日本人が、その現実を知らずにいた。

その原因は、とうぜん日本のマスコミにあった。

真っ先に真実を知らせなければいけない立場のはずの
大手新聞社や某国営テレビ局さえ
中国の不利になるような記事を少しでも報道すると
中国政府から圧力がかかり、
北京に支局を置けなくなるという理由から
チベットのことはいままで、ほとんど日本国内で
報道されることはなかった。

真実を報道することのない報道に
なんの価値があるのか甚だ疑問ではあるけれど
こんな意見は部外者の理想論に過ぎなかったのかもしれない。

しかし今回、中国の標的がチベットや台湾などの他国ではなく
日本に向いてようやく、日本の報道陣も
中国の影の部分を取り上げることができたのだろうか…。


さておき、一説では中国がチベットを侵略した目的のひとつが
ヒマラヤの土に眠る石が目的ではなかったかと言う人もいる。

確かにヒマラヤの村に入ると
そこにはたくさんの天然大理石が、ただの石に混じって
石畳の階段に敷き詰められるほどに
大理石だけではなく、美しい原石が豊富に眠っているところだった。

中国はそれが欲しくて、チベットの人たちから
チベットの土地と、たくさんの命を奪い続けてきたのだろうか。

とすると、今回の日本への嫌がらせは
ガス田が欲しいのか、という印象も受ける。

私個人としてはガス田なんてどうでもいいのだけど
ただの物欲のために、たくさんの侵略を続けている国の
言いなりにだけはなって欲しくない。

できることなら、日本は中国とは同じ土俵にあがることなく
大人の対応をして欲しい。
そして、なおかつ、中国の圧力に屈することなく
毅然とした態度で臨んで欲しいなと思う。



追記:
かなり批判的な内容になってしまって
この記事を読まれた方の中には気を悪くされた方も
いらっしゃるかもしれないとかと思うと心苦しくもあります。
ただ、少しでもこういう主張をすることで
逆にチベットの人たちにチベットが返される日がくればいいなという
思いも込めてこの記事を書きました。
ほんとに小さな抵抗なのですけど…。
[PR]

by himika-s | 2005-04-18 14:01 | 雑記 *
2005年 04月 11日 *
b0037498_2362471.jpg

関東の方は日曜まで晴れていたので
ぎりぎりまでお花見をしてきました。
お花見といっても
近所の桜をみてきただけなのですけど。

土曜までは快晴でポカポカしていたんですけど
日曜はもうかなり風が強かったです。

それにしても桜をみていると
どうしてだか幻想的な気持ちに
なりやすいのが不思議です。
まるで桜の世界に引き込まれていくような感覚。

そんな桜吹雪の下を歩くのは
気持ちが良かったです。

b0037498_2313275.jpg



最後に、
桜の下でご飯を食べている鴨が
とてもかわいかった♪

b0037498_2325671.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-04-11 23:12 | 想-Photo- *
2005年 04月 06日 *
今日は水瓶座の時代に入ったときに
いったいどういうことが起こるのか
私が妄想していることを書いてみたいと思います。
あくまでも私の妄想なので
あまり真に受けないで読んでくださいね。

奇特な人だけここをクリックして♪
[PR]

by himika-s | 2005-04-06 11:45 | 占星術 *
2005年 04月 03日 *
b0037498_11173684.jpg

占星術の概念の中に春分点というものがあります。
詳しい説明はここでは省略させてもらいたいのですが
占星術上では約2000年から2500年の周期で
その春分点が各星座宮にとどまるとされています。

で、いま現在は魚座の時代から水瓶座の時代へと
移行していく時代となっています。

実はいつ移行するかという正確な年代は
計算が複雑なためかいくつか説があってハッキリしない上に
私がもっとも信頼をしていた人によって計算された数値は
情けないことに引っ越しなどのバタバタで見つかりません。
なので、ここではまだキチンとした年代を言えなくて
ごめんなさいの状態だったりします。(なみだ

……というわけで、気を取り直して本題に戻ります。

魚座の時代とは、イエス・キリストに象徴されるような
愛の時代と言われています。
しかし、その愛も、始まりは崇高な愛から始まっていても
時間とともに少しずつ劣化した愛へと変貌し
魚座の時代の末期である現代では
心とは切り離された性愛すら氾濫している状態です。

一方、水瓶座の時代へと移行していくと
愛に関しては、多少、淡泊な一面も出てくるのかもしれませんが
精神性と科学が融合していく時代になる可能性があると言われています。

一説では、科学の進歩も精神性が低いと
そのうち限界が訪れると言われていますが
人々の意識が高まり、精神性が高まってくることによって
いまとは全く違った概念を発見できるのかもしれません。

それにともなって
劣化してしまった性愛は淘汰されていくのかもしれません。

その時代の移行が、自然な形で緩やかに訪れるのか
それとも、なにか革命的なことがおこって時代が変わっていくのか
私には知るよしもありませんが
新しい水瓶座の時代が、いったいどんな時代になるのか
ときおり想像しながら妄想にふけったりしています。



追記
写真は本文とは全く関係ないのですが
近所で撮影しました。

[PR]

by himika-s | 2005-04-03 11:33 | 占星術 *