占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
*

*
2005年 05月 29日 *
b0037498_9355130.jpg

裏の庭に植えたつる薔薇も花を咲かせたので
ご紹介です♪

こちらの方は「Climbing Rose」のニュードーンという種類だとか。

香り的には玄関に植えたアブラハムダービーはかなり甘い香りなのですが
こちらはさわやかな薔薇の香りという感じです。

上の写真だけでは、上手に撮れなくてよくわからないと思うので
ひとつひとつの花を撮ったものもアップしておきますね♪

b0037498_9405874.jpg
b0037498_941513.jpg
b0037498_9411290.jpg


薔薇を近くで毎日、観察したことはなかったのですけど
日に日に表情を変えていくんですね。
[PR]

2005年 05月 16日 *
b0037498_0101495.jpg

つい三日前に上映が始まった
「キングダム・オブ・ヘブン」を観てきました。
なので、今日はそのご報告です。

十字軍遠征中のエルサレムを舞台としたこの映画は
映像も音楽も美しく、とくに音楽は私好みだったので
観ていて飽きることはありませんでした。

主役を演じたオーランドも、「ロード・オブ・ザ・リング」のときの
ただきれいな男の人という雰囲気は全くなく
善と罪の間の矛盾と葛藤を演じる姿がとても魅力的で
圧倒的な存在感を感じました。

ただ戦闘シーンがあまりにも生々しく
そういうのが好きな人には、かなり満足がいくできだとは思うのですが
そうでない人には、目を覆いたくなるようなシーンが多々あります。

ストーリー的には、ちょっとモニャモニャ感が残るような場面があったのですが
そもそもが歴史に基づいたお話なので
あまりにも完璧なヒーローが登場してしまっては
歴史自体が変わってしまうので、あれはあれで仕方がないかなぁ
みたいな感想が残っちゃいました。

というわけで、続きはネタバレになっちゃうので
映画を観た人だけ「More」をクリックしてくださいね。

More
[PR]

2005年 05月 11日 *
前回のブログで、今回の体調を崩した理由の続きを書くと言いましたけど
それはまた次回ということにして、(いつも約束破ってばかりでごめんなさい)
今回は、先にカルマ(業)について、ちょっとだけ
私の考えを書いてみたいと思います。

けっこう理屈っぽくなるかもしれないので
興味のある人だけ、読み進めてみてくださいね。

奇特な人だけここをクリックして♪
[PR]

by himika-s | 2005-05-11 12:35 | カルマ *
2005年 05月 04日 *
ゆらゆら、ゆらゆら
風が吹くたび
形を変える川面の風景

人の心と似てる、かな

手に触れたくても触れられない

現実を映しだしてるのに
現実にはなり得ない存在

だけど
川面の風景も
人の心も
自分の心で
しっかりキャッチすれば
現実よりも
もっとリアルな真実に
なることだってあると思う

だから
心で感じるものを
心でしか感じることができないものを
大切にしていきたいな

b0037498_11451475.jpg

[PR]

by himika-s | 2005-05-04 11:44 | 想-Photo- *
2005年 05月 03日 *
すっかりご無沙汰してしまいました。
しばらく放置していたにもかかわらず
毎日たくさんの人が訪問していただいたようで
ほんとにありがとうございます。

さて、今回の体調崩れなんですけど
前のときは説明が面倒ということもあって(ごめんなさい)
「風邪」と書いたのですけど、回復してもう一度振り返ってみても
風邪というより、やはり「気道の詰まり」かな
という印象を持っています。

症状としては、最初は肩や背中が痛くて
その痛みが少しずつ上に上がって
次に喉が痛くなって、その後、目が痛くなって
最後に頭が痛くなって直ったって感じでした。

「気道」と言っても、聞き慣れない人には
ピンと来ないかもしれませんが
人間の体の中には、気が流れる通り道があるのだと
そんなふうに認識してくださいませ。

参考までにほんとに簡単な説明を加えておきますと
一番大事な気道が「スシュムナー気道」と言って
尾てい骨から頭頂までの背中にドンとまっすぐのびています。
そのスシュムナー気道を中心に
それぞれの七つのチャクラで交差しながら
「イダー気道」と「ピンガラ気道」というものが
やはり頭頂まで、こちらは曲線を描きながら伸びています。

他にも細かい気道はあるのですが
大抵の場合、気道といえば、この三本を差すことがほとんどです。

ちなみに、この気道のことを
インドなどでは「ナーディー」と呼んでいます。

通常の現代生活を送るほとんどの場合、
この気道が頭頂まで通ることはないのですが
ヨガの行法などで、通すことは可能です。

しかし、この気道を通すとき
人によっては痛みや熱や、ひどいときは
大量のウミを体から流しながら気道を通していくことになります。

しかし、いったん気道が通れば、そこをクンダリニーというエネルギーが
通るときは、ものすごく気持ちのいい状態にもなるのですが…。

また、いったん苦労して通った気道でも
いまの時代、しっかり行法や心の浄化を続けていないと
すぐに詰まってしまうことになり
そのときは、痛みなどのシグナルで知らされることになります。

で、今回の私の体調崩れは、これかなぁという感じなんです。
まさに日頃の行いの悪さ故の体調崩れでした。(なみだ

でも、今回の体調崩れのおかげで
いろいろおもしろい体験や発見もあったので
また、少しずつ、そんなことを
忘れないうちにこのブログに書き記していけたらいいなと思ってます。
[PR]

by himika-s | 2005-05-03 12:55 | ヨーガ *