占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
*

*
2005年 10月 30日 *
毛皮をファッションとして着用することには
以前から抵抗がありました。
日本の気候ではまったく必要としているものではないのに
いったい何のために、
無意味に動物が殺されなければならないのか…。
まして、殺した動物の皮を着て、いったい何が楽しいのだろうか、
そんな風に、ずっと疑問に思っていました。

しかし、事態は私が思っていた以上に深刻だったようです。
chihuahuadayoさんの無知の代償という
記事を読んでビックリしました。

毛皮の被害はキツネやウサギ、ミンクだけではありません。
入手しやすい犬・猫の毛皮を剥ぎ、他の動物と偽って販売しているそうです。

中国、フィリピンなどでは、生きたままの犬の鼻にワイヤーを通して固定され、
まだ意識があるまま毛皮をはがされる・・・
このような行為が日常的に道端で行われているそうです。

この文章はchihuahuadayoさんの記事の引用です。
キツネやウサギはよくて、犬や猫がいけないと
言っているわけでは決してありません。
犬や猫なら、私たちの身近な動物ですから
彼らの苦しみが、より伝わってくるのではないかと思うのです。

chihuahuadayoさんの記事には、
これ以上の胸を痛める内容はないので
ぜひ、たくさんの人に読んで頂きたいと思います。

毛皮はいらない連絡網
こちらはクリックしてすぐにはショックな画像はありませんが
毛皮の現状がハッキリ分かる内容でした。
これから毛皮商品を購入する予定のある人は
ぜひクリックしてみて欲しいです。
また、毛皮はいらないに対する署名もあります。


弱肉強食が基本のこの地球上では
私たち人間が生き延びていくためには
ほんとに多くの生き物を犠牲にしていかなければ
私たちは生きていけません。

でも、それは最低限にとどめて欲しいのです。

私たちが生きていくために犠牲になっていく生き物たちは
こんな言い方はしたくないのですが
仕方がない部分もあると思います。

でも、ファッションや自分たちの楽しみのために
多くの生き物を犠牲にするのは
絶対にやめていきたいと思いました。

でも、実はこんな風に偉そうに能書きをたれている私も
いま使っている化粧水には動物性のコラーゲンやエラスチンや
その他諸々のものが、少しですが入っているものを使っています。
それも、今使っているものがなくなったら
やめようと思います。
また以前のように、植物性のものを自分で手作りしようかな。

以前に聞いた話では、牛やブタの皮をはいで
ベルトなどを作るよりは、コラーゲンなどに使った方が
はるかに高値で売れるので
食用としてではなく、そのために家畜として飼われている
動物たちもいるようです。

そんな動物たちの犠牲の上で
どんなに若返っても、うれしくないですものね。


今回は、久しぶりのブログなのに
ショックな画像を見た後に書いているので
感情的になっているかもしれません。
もしも、読んで不快になるような文章があったら
申し訳ありません。

ただ微力ながら、この実態を知った上で
毛皮の商品をこれからも購入するかどうか
判断して欲しいなと思い、
この内容を私も取り上げてみました。
[PR]

2005年 10月 25日 *
b0037498_10494876.jpg

昨日に引き続いて、今日も占星術のお話です。

これからの1年の間に
木星がそれぞれの星座に与える影響を
簡単に箇条書きにしてみました。

もちろん、この場合は太陽と木星の角度でしか見ていないので
これがすべてではないですけども
いちおう、参考程度にしてもらえるといいかと思います。

ただ、見たくない人もいるかもしれないので
興味がある人だけ↓をクリックしてください。

More
[PR]

by himika-s | 2005-10-25 10:51 | 占星術 *
2005年 10月 20日 *
b0037498_1194193.jpg

朝起きたら、久しぶりに窓から陽が差し込んでいました。
関東の方は秋の長雨からやっと解放されて
今日はいいお天気になりそうです。

ところで、雨の日のお洗濯は
乾燥機がないかぎりは
どうしても部屋干しになってしまいます。
そんなとき、洗濯物に変な臭いが
残らないためのコツをひとつ。

洗濯機で洗濯をするときに
最後のためすすぎのときに
ユーカリ、ラベンダー、ティートゥリー、ペパーミントの
4種類のエッセンシャルオイル(精油)をブレンドしたものを
水の量にあわせて、10滴から20滴くらいを入れて
すすぎをすると、部屋干しをしても
嫌な臭いが残らなくなります。

このブレンドは
カビを防いでくれる働きをしてくれるからなんですね。

流水すすぎをしている場合も
最後に一回だけためすすぎをして
そのときに、このブレンドオイルを入れるといいと思います。

アロマの精油は、いい香りを醸し出すだけでなく
嫌な臭いは消臭する力もあるので
ほんとに優れものだなと、
今回の長雨のときもつくづく感心しました。
[PR]

by himika-s | 2005-10-20 11:13 | アロマ *
2005年 10月 15日 *
b0037498_8274175.jpg

ここしばらく、なかなか体調が戻らず、
寝たり起きたりの生活をしていました。
体調が戻らない理由として
お医者には行かないし、薬も嫌いというのがあるので
自業自得とも言えるんですけども…。

そんな私にとっての唯一の治療法は
やっぱりアロマだったりします。

起きあがるのも辛いくらいのときは
普通に気分がすっきりする精油を焚き、
体が少し楽になってきたら、アロマのお風呂に入ります。

私の場合は、5mlのキャリアオイルの中に
ラベンダーとユーカリを3滴ずつ垂らして
ぬるめの湯船に入れて、ゆっくり浸かるのですが
お風呂から出てくると、かなりすっきりしています。

ただ、今日はお風呂から出てきてから
体が楽になったからといって
調子に乗ってケーキを食べてしまったので
ちょっとまた、胸がムカムカしてきてしまったんですけども…。
もうちょっと体調がすぐれないときくらいは、
食べるものにも気を遣わないとダメですよね。
反省です。。。

今日はこれから、体に負担がかからない簡単な呼吸法と
エネルギーを循環させる瞑想をして
さらに体調回復に努めることにします。
(呼吸法と瞑想もかなり体調を楽にしてくれるんですよ)

b0037498_2233238.jpg

これは、先日、購入した新しいアロマランプです。
なんだか、このデザインが蓮華を連想させてくれたので
これを選んだのですが、調光器もついているので
かなりいい感じで使っています。
[PR]

by himika-s | 2005-10-15 22:18 | アロマ *
2005年 10月 12日 *
b0037498_19585860.jpg

誰かの名前が刻まれていたわけではない。
動物慰霊碑とだけ刻まれていた、その石は
静かにたたずんでいた。

ただ、その石の脇に生えていた一部の草だけは
何かを語りたいかのように
さわさわさわさわ、ずっと風になびいていた。
他の草たちはどこも静かにしているというのに…。

b0037498_20232181.jpg

私たちは、いろんな生き物の実験の上に
進化してきた文明の中で生きている。

たくさんの実験と
たくさんの犠牲がなければ
これだけの科学の進歩はなかったかもしれない。

でも、そろそろ
他の生き物たちを犠牲にするのではなく
地球上に生きているすべてのものを慈しむことで
進化していく何かをみつける時期が
来てもいいんじゃないかと思うのだけど…。
[PR]

by himika-s | 2005-10-12 20:27 | 想-Photo- *
2005年 10月 09日 *
b0037498_115182.jpg

土曜日は昭和薬科大学薬用植物園
一般公開される日という情報を手に入れたので
雨が上がった時間を見計らって行ってみました。

いつまた雨が降り出すか
分からないような天候だったせいか
私たち以外には人がほとんどいなかったので
ゆっくり植物園を回ることができました。

やはり、私にとっては
ハーブを集中的に植えているところが
気持ちよかったです。

雨上がりのせいか
おなかをすかせているらしい
てふてふたちが
一生懸命に蜜を吸っていました。

うちの庭にも
同じような種類のハーブをいくつか植えているのですが
こんなにてふてふはいないなぁ。

ハーブの栄養量が違うのかしら…。

b0037498_11115242.jpg

このひとつ上の写真のてふてふが
なぜか人なつっこく感じてかわいかったです。
いろいろと向きを変えたり
ポーズを変えたりしながら
けっこう長い時間、一緒にいてくれました。
ま、よっぽど、この密が
おいしかっただけなのかもしれませんが…。

b0037498_1112962.jpg

b0037498_11121424.jpg

このてふてふは、ずっと後ろ向き。
最後まで振り返ってくれませんでした。


家路につくと、もともと体調がおもわしくないのに
無理して出かけたせいか、ダウンしてしまいました。
今日になったら、ちょっと楽になったので
ぬるめのアロマ風呂に入って
ゆっくりすることにします。
[PR]

by himika-s | 2005-10-09 11:20 | 日々 *
2005年 10月 06日 *
8月11日の今日の風の香りの記事の中で咲いていた白い花が
こんな風な実をつけました。

b0037498_12374113.jpg

名前もクサギ(臭木)という名前だということが
分かりました。
いい香りがしていたのは花の部分で
枝や葉を切ると、独特のいやな臭いを発するらしくて
こんな名前がついたようです。

うちの場合は
川を挟んで向こう側に咲いていたから
いい匂いだけを堪能することができたようです。

薬効もあり、茹で汁にはクレロデントリンが含まれていて、
血圧を安定させたり、鎮痛作用があるとか。
リウマチ、下痢にも効き、
痔、腫れ物には茹で汁で患部を洗うとよいそうです。

このクサギの若芽で作るみそ汁や佃煮のレシピを
載せているサイトさんもみつけて
食べることができるものなのだということを再発見。

川を渡って採取することができるなら
来年は、ちょっと食べてみたいかなと
よからぬ欲望が、ちらっと顔を覗かせているのですが
さて、どうするかなぁ。



寺町ともまさのネットワーク
こちらのサイト様の
クサギのページにみそ汁や佃煮のレシピがあります。
メモとしてリンク貼らせて頂きます。m(__)m
[PR]

by himika-s | 2005-10-06 12:56 | 薬草 *
2005年 10月 05日 *
b0037498_12174497.jpg

今日は、またまた深い瞑想状態のときにみた
ヴィジョンのお話です。

今回のお話は、私にとっては思い入れのあるヴィジョンで
ずっと心の奥にしまっておこうと思っていたものなのですが
今日はなんとなく、記しておきたくなりました。

b0037498_1232524.jpg

それは、瞑想をすすめていくうちに
どんどん深い意識に入っていったときのことです。

長くなるので続きはこちら
[PR]

by himika-s | 2005-10-05 13:38 | 夢記 *
2005年 10月 03日 *
b0037498_10454831.jpg

昨日は秋晴れのとてもいいお天気だったということもあって
神代植物公園に行ってきました。
行ってみれば意外なほどに近所でした。

園内は、その前に行ったのが埼玉の森林公園という植物公園で
そこが歩けど歩けど、相当に広くて驚いたので
それに比べれば、すぐに突き当たりにぶつかると感じるほどに
狭く感じてしまいました。
といっても、普通の公園に比べれば、相当に広いですけどね。

この時期でもスイレンがいろいろと咲いていたのと
とくにバラ園が見た目も香りも見事で
かなりの充実感を味わえました。

b0037498_10464928.jpg

b0037498_1048414.jpg

b0037498_10475415.jpg

ひとつ上の写真は
奥の方まで見える色とりどりの花は
ぜんぶバラなんですよね。

これだけのバラを堪能した後に
売店でバラのアイスクリームをみつけてしまったので
しっかりと味見をしてきました♪

本物のバラの花びらをアイスの中に入れているということで
ひとくちめはちょっと青臭い感じがしたのですけど
ふたくちめからは、すっかり慣れて
大変おいしくいただくことができました。

b0037498_10495097.jpg

これは、パンパスグラスというもので、まるで大きなススキです。
バックの和風チックな樹木がなければ
どこか外国みたいに見えそうですよね。

近くに寄ると、こんな感じ。

b0037498_1050124.jpg

マイナスイオンを思いっきり吸い込めた上に
帰りは黄金色の夕焼けにも出会えて
贅沢な一日を味わえました。

b0037498_10502772.jpg


残りの写真は小出しに
アップしていきたいと思います。
[PR]

by himika-s | 2005-10-03 07:03 | 日々 *
2005年 10月 02日 *
b0037498_20212164.jpg

赤という色から
もうひとつイメージされるもの、
それは火の鳥だったりします。

ずっと以前のことですが
深い瞑想状態に入ったときに
いちどだけ火の鳥のヴィジョンを
みたことがありました。

その鳥は、ダークブルーの
広大な宇宙空間のなかを
星と星の間をかいくぐりながら
飛んでいました。

その姿は
くちばしを前に突き出し
羽をはばたかせるのではなくて
まるでロケットの翼のように
閉じたまま後ろに向けて
スーッと音もなく
すべるように飛んでいたのです。

そして、なにより驚いたのが
火の鳥の赤い色は
炎ではなく
透明な輝く
緋色の光だったということです。

緋色の光を自らが発しながら
どこまでもどこまでも
飛んでいく姿を
私はただただみているだけでした。

若かった私は
その鳥がなにを思って
なんのためにそこにいて
そして、なんのために
私の前に姿をあらわしたのかなんて
考えることもなく
ただただ、その美しさに
魅入っているだけだったのです。

もういちど
もしも逢うことができたなら
こんどは、そんなことも考えながら
火の鳥の意識に
私の意識をあわせてみたいなと
そんなずうずうしいことを
ひそかに願っています。
[PR]

by himika-s | 2005-10-02 00:02 | 夢記 *