占星術とアロマをやっている緋彌華(himika)の雑記帳です。
by himika-s
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
*

*
2005年 11月 29日 *
b0037498_1074364.jpg

ブログをお引っ越しすることにしました。
新しいお引っ越し先はこちらです↓

>>風の香り

まだ、データーを移している最中で
落ちついていないのですけど
先にお引っ越し宣言をしちゃいます。

リンクしてくださっている方々は
お手数ですが、リンク先の変更をしてくださるとうれしいです。

こちらのブログでリンクさせていただいている方々は
そのまま継続してリンクさせていただきたいと思っています。

これからも、よろしくお願いします。
[PR]

by himika-s | 2005-11-29 10:14 | 日々 *
2005年 11月 22日 *
b0037498_12534335.jpg

アメジスト、ラピスラズリ、アクアマリン、フローライト、
オパール、エメラルド、ムーンストーン、ルビー、等々
パワーストーンとか宝石とか呼ばれる石には
いろんな種類があって、それぞれがいろんな色を持っている。

普通の石とパワーストーンの違いって
エネルギーの吸収力が
パワーストーンの方が大きいのかなって思う。

良い意味でも悪い意味でも
地中のエネルギーを吸収して
パワーストーンは成長してきた。

そのときに、たとえば地球の
愛するというエネルギーをたくさん吸収した石は、
しだいにピンク色に輝くようになり、
情熱のエネルギーをより多く吸収した石は
赤い輝きを放つようになって、
静かな優しさのエネルギーを吸収した石は
ブルーやグリーンの輝きを持つようになったのかなって
そんな思いがよぎったりする。

だから、地上に出てきて、
いろんな人のエネルギーを吸収した後でも
きちんと浄化をすれば、
また、その石本来が持っているエネルギーに
彼らは戻ることができる。
そして、また私たちに優しいエネルギーを与えてくれる。

じゃ、色の付いていない、普通のグレーの石は?

以前に、あるお寺で、東北地方の
ある場所から持ってきたという
見た目はただの石にしか見えないグレーの石を
見せてもらったことがある。

触ってみると、その石は、普通の石と違って
いろんなエネルギーを発していた。
ただ、そのエネルギーは私が感じるには
後から人が入れたエネルギーのように感じた。

その辺に転がっている石と、見た目は変わらないけど
エネルギーを吸収する力はとても大きいのだと感じた。

正のエネルギーを持った人が
その石にエネルギーを込めれば
とても心地の良い石となったのだけど
逆に、負の感情が強い人がその石を持つと
その石は、ビリビリと嫌な感じでしびれるようになり
とても不快感を与えるものとなってしまっていた。

持つ人によって、その石のエネルギーが
どんな風にもすぐに変化してしまうので、
その石が本来持っているエネルギーが
どんなものであったのかは、私には分からなかった。

そういう石は、浄化をきちんとしてくれる人がいないと
私には持てないなと、正直、感じてしまった。

だから、もともとが地球の正のエネルギーで作られた
いわゆるきれいな石を持って
そのエネルギーをわけてもらえたらいいなと
石にとってははた迷惑なことかもしれないけど
そんな風に思う。

せめて、感謝の気持ちだけは忘れないようにしなくちゃ。
[PR]

by himika-s | 2005-11-22 13:26 | *
2005年 11月 20日 *
b0037498_1613553.jpg

ずっと身につけていた水晶のペンダントは
浄化しても、またすぐに曇ってしまうようになってしまったので
しばらく塩水につけて、数日、放っておくことにしました。

もう何年分もの私の汚れが
いっぱいに詰まってしまったのですね。
ごめんなさいという気持ちで、いっぱいです。

で、懲りずになんなんですけども
代わりに、先日、自分で作ったネックレスを
つけてみました。
すると、これが思った以上に、
深い意識にスーッと入らせてくれるようなんです。

そして、このネックレスをつけて眠りにつくと
とても優しい夢をたくさん見せてくれました。

まだまだ出会ったばかりの恋人のように
おつき合いがぎこちない感じがしていたのですが
この石たちとも、また良いおつき合いができそうで
楽しみが増えた気分です。

ただ、今度の石たちは、
身につけていると、気持ちが静かになりすぎて
何か行動を起こしたいときには不向きな気もするので
この石たちと、もっと親しくなれたら
今度は、もうちょっと行動的になれる石を選んで
またネックレスかブレスレットを作ってみようかな。

いままで水晶系しか身につけたことがなかったのですけど
石たちって、ほんとにそれぞれが
何かを語ってくれるものなのですね。
[PR]

by himika-s | 2005-11-20 16:30 | *
2005年 11月 19日 *
b0037498_15046.jpg

先日、神代植物公園に再び行ってきました。

b0037498_14165176.jpg

今回は、バラのフェスティバルをやっていました。
そのせいか、行ったのは平日だったのに
その前に行った日曜より人が多いように感じました。

でも、バラの花じたいは、前に行ったときと
それほど変わらなかったかなぁ。

違ったのは、売店が多く出ていたということ。
おかげで、ちょっとだけお祭り気分を味わえたりして。

続きはこちら
[PR]

by himika-s | 2005-11-19 14:33 | 日々 *
2005年 11月 17日 *
b0037498_1044196.jpg

とうとう、ビーズジュエリーに手を出してしまいました。

前から気になってはいたものの
できるかなぁと思っていたところに
ニューヨークスタイルのビーズジュエリー100
という本を本屋さんで発見しました。
立ち見をしてみたら、ひとつひとつのデザインがステキな上に、
作り方を見ていると、もしかしたらできるかも
なんて思ってしまったので
さっそく本と材料を購入して作ってみたり。

で、できあがったのが上の写真のネックレスです。

すべて天然石なので、書籍を見て作った割には
揃えた石の種類も大きさも
本にあるものとは同じではないので
当然、仕上がりも、ちょっと見本とは
違うものができたのですけど…。

使った石はグリーンフローライト、
アベンチュリンにムーンストーン、
それからアメジストとクォーツクリスタルの5種類。

写真がきれいに撮れなかったのですけど
実際はもうちょっと柔らかい雰囲気に仕上がったと思います。

石の働きとしては、全体として心を静め
冷静な判断と正確なインスピレーションが
得られるようにと選んでみました。

ときおり、別の種類の天然石を組み合わせると
石同士がケンカする、なんて話を聞くこともあるのですが
5種類の石を組み合わせて作ってみた感想は
ケンカするなんて、とんでもなくて
石同士、お互いの働きを助け合って
エネルギーがうまく同調しているように感じました。


ビーズジュエリーは
石をお店で選ぶときのわくわく感。
そして、家に帰ってからは、
選んだ石の一粒一粒を丁寧に浄化する作業や
その石をひとつひとつテグスに通していく作業が
予想以上に楽しくて、なんだか
ビーズジュエリーにもはまりそうな予感が…♪

また、時間と予算があったら作ってみたいです。
[PR]

by himika-s | 2005-11-17 00:28 | *
2005年 11月 12日 *
b0037498_23542480.jpg

 もし自分を愛さなければ、どうして他人を、隣人を愛することができるのでしょうか。人生を染め上げているあらゆる欲求不満や失敗や後悔、そして自分自身の内なる存在を欺いているという後ろめたさを、すべて他人に投影してしまうのではないでしょうか。自分の中で一番嫌な部分を他人の中に見て、密かに非難するのではないでしょうか。人はお互いに鏡なのですから。自分を愛することによって、人を愛するドアを開くことができ、お返しに人からの愛を受け取ることができるのです。

オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリングから
ヴィッキー・ウォールさんの言葉です。

やっと81番のボトルの、ありのままの自分を愛するという
課題の答えが見つかった気がしました。

前にも一度、読んだはずの本だったのですが
そのときは、私の心に届かなくて、
読み飛ばしていたようです。

ボトルの残りが三分の一くらいになって
ようやく私の中に、その意味が少しずつ理解できる
準備ができてきたのでしょうか。

確かに、誰かに嫌悪を感じるとき
その嫌悪する要素は自分の中にもあって
その自分が嫌いだから
それを見せつける相手に嫌悪を感じてしまうことが
多いような気がします。

だから、ありのままの自分を無条件で愛することができれば
自分以外のすべての生き物も
無条件で愛することができるのかもしれません。


ずっと以前に、瞑想中にこんな体験をしたことがありました。

意識がどんどん深まっていった頃
そのときは、ほんとに偶然に
高次な意識体とつながったようなのです。

その意識は、すべての人が
無条件で愛おしいのです。
それまで、私にとてもひどいことをした人でさえ
そこに存在しているというだけで
愛おしいと感じるエネルギーがあったのです。

そのエネルギーにしばらく浸っていると
瞑想はしていますが、目を覚ましているのに
空間がいきなり透明な白銀とブルーの光に
変化したのです。

私が時々、何色の光が見えるというときは
目の前の一部に光があるだけなのですが
そのときは、空間そのものが
すべて白銀とブルーの光になっていました。

その間中、ずっと
すべての魂が存在しているだけで
愛おしいという気持ちは続いていました。

しかし、私の意識レベルでは
いつまでも、そこにとどまっていることができずに
すぐに、いつもの私の意識に戻ったと同時に
空間もまた、いつもの空間に戻ってしまいましたが…。

ただ、そのときは自分自身までもを愛するなんてことは
まったく意識になくて考えもしなかったのですが
その意識に、また戻るためにも
自分自身を愛するということは
とても必要なことだったのですね。

ほんとにそれは、そのとき一度っきりの
しかも、ほんの短い瞬間の体験でしたが
いつも、そんな意識の中にいられることができるように
努力していけたらいいなと思います。
[PR]

2005年 11月 10日 *
b0037498_0364249.jpg

オーラソーマのボトルの浄化と
水晶の浄化のために
クイントエッセンスのセラピスベイというものを
注文しようと思っていたのですが
いつ見ても品切れです。

というわけで、エアーフレッシュナーとして
すでに希釈してあるスプレータイプのものを購入しました。

届いてから、まず部屋の中にスプレーしてみると
ほんとに、評判の通り
空間を浄化してくれるという感覚があります。

いつもアロマでエアーフレッシュナーを作って
スプレーしていたのですけど
それよりも、かなり強力な感じがしました。

で、次にボトルと水晶を浄化するために
ティッシュに適量をとって拭いてみると
ほんとにピカピカになるんですね。
水晶はすぐに透明になったし
ボトルの方も、濁りがちな上の色も
完全に透明とまではいかなくても
見た目で分かるくらい濁りが取れたのには
ビックリしてしまいました。

で、水晶の横に、クイントエッセンスのセラピスベイの
エアーフレッシュナーをおいておくと
今度は、水晶によってエアーフレッシュナーが
浄化されていく感覚があって
水晶とセラピスペイは、お互いに浄化しあっていました。

それを見ていたら、
人との関わりも、お互いに浄化しあえて
高めあうようなつながりがいいなと思えて
水晶とセラピスペイの関係が
なんだか、うらやましくなってきたりして…。

そんな関係が、ソウルメイトと呼ばれるような
関係なのかもしれないですね。

b0037498_0545028.jpg

水晶に空が映りこんでしまって
ちょっと変です、ごめんなさい。
[PR]

2005年 11月 07日 *
b0037498_22234787.jpg

肉体的な緊急時にオーラソーマの
1番のボトルがいいとあったので
先日、体調不良の時に1番のボトルを購入しました。

でも1番のボトルには、もうひとつ
「内なる存在とのコミュニケーション」
という意味合いもあるようで
1番のボトルは私には
この意味合いで働きかけてきたようです。

b0037498_11345095.jpg

1番のボトルは、私にとっては
3本目に使用したボトルなのですが
いままで使った三本ともが、上部の色が濁りがちで
下部の色から減っていくのでした。

これはいったいどうしてなんだろうと思っていたら
ヴィッキーさんの本に、上部の色が濁るのは
霊的なレベルでは、合理化できないことを合理化しようとして
感覚が知性によって曇らされていることを表し
精神と肉体のレベルでは、内面のトラウマや動揺、
あるいは精神的な混乱を表していると書いてある
箇所をみつけました。

正直、トラウマと言われても、そのときは、
それほどピンと来るものもないし、
感覚が知性によって曇らされるほど
私は知的でも理屈っぽくもないはず、
なんて思ったのですが、
それは自覚が足りなかっただけなんだということが
その日の夜に見た夢で、
イヤというほど実感させられてしまいました。

あとはかなり長くなってしまったうえに
とても私的な内容になってしまったので
気が向いた人だけ続きを読んでください。

More
[PR]

2005年 11月 02日 *
b0037498_20321882.jpg

秋のおひさまは
家路につく前の
ほんの少しの時間
世界を光で染めてみた

今夜は新月
月の分まで輝いてみたのかな
[PR]

by himika-s | 2005-11-02 20:38 | 想-Photo- *
2005年 11月 02日 *
b0037498_21162144.jpg

前にも「クリスタルのネックレス」という
記事に書いたのですけど
私はいつも透明な丸い水晶のペンダントを
身につけています。

前の記事を読み返してみると
ほとんど体験がだぶるのですけど
今回、体調を崩しているときも
この水晶は完全に曇ってしまいました。

今度は前回の時よりも重傷だったようで
半日、お日さまにあてても
少しは曇りがきれいになっても
まだまだ曇り続けているし
そのあと、しばらく流水にあててもやっぱりダメ。
最後は、もう少し大きめの
もう一つの完全なクリアな水晶の隣に
ひと晩おいておきました。

すると朝になってから、
ようやく以前の透明な輝きを
取り戻してくれたのです。

今回も私の汚れを吸収しすぎて
完全に曇ってしまった水晶のペンダント。
おそらくは、あのまま放っておいたら
今回は割れてしまったのではないかと思うほど…。

輝きを取り戻した水晶のペンダントを
再び身につけていると
そのおよそ二日後には体調が完全に回復したのです。

地球の土の中で
もしかしたら何千万年も何億年もかけて成長し
地球のエネルギーをいっぱいに凝縮した石たちは
ほんとに計り知れないエネルギーを持ってるんですね。
[PR]

by himika-s | 2005-11-02 20:20 | *